手打そば幸七

お知らせ

お知らせは、幸七blog(お知らせ)に移転しました。

 

1月27日営業再開いたしました。

昨年12月23日より、女将の左足膝骸骨(皿)骨折により治療専念のため休業していましたが、27日営業を再開いたしました。休業中に新型コロナウイルス感染症はオミクロン株へに置き換わり爆発的な感染拡大が生じ、まん延防止重点措置が千葉県にも適用されました。1月27日全国での感染者は7万8920人となり、2日連続で7万人を超え、過去最多を更新しています。千葉県でも27日感染者は3802人と過去最多と判明しました。ここ数日間、営業再開について苦慮しましたが、幸七のホームページ(1月13日)でお知らせした通り感染拡大防止に努め営業することにしましたのでよろしくお願いいたします。

なお、今後のコロナの感染拡大状況により、国や県からの各要請が出た場合はそれに従います。

 

1月27日(木曜日)より営業再開いたします。

昨年末より女将骨折の為休業しておりましたが、店を再開する見込がつきました。先にツイッターに掲載いたしました所、沢山の「いいね」を頂きありがとうございました。

新型コロナウイルスの変異したオミクロンの感染拡大が心配ではありますが対策をしながらの営業再開、確認店の認定も頂いております。1月27日(木)よりのご来店お待ち致しております。

束の間の雪景色

6日(木)の午後から降り始めた雪は関東で4年ぶりの大雪となり、幸七も5センチの積雪で雪化粧。

7日(金)は朝からの晴天で除雪がはかどり日陰に痕跡を少し残すだけになり8日(土)には、大方の雪は消えてしまいました。しかし、慣れない雪に交通網は混乱、事故や転倒などで救急搬送されたニュースも多く雪国の大変さを改めて実感しました。

 


蕎麦栽培にも取り組む本格手打そばの店

築200年の農家(自宅)を改装して手打そば幸七を開業。
国産の蕎麦を石臼で自家製粉した二八そばです。近年「ソバ」の栽培も手がけ、「そばかりたい」のお力で地元御宿・布施産の新そばとして期間限定でおだししています。

さらに蕎麦屋「幸七」の別棟を貸しギャラリーとして開放、皆様に楽しんでいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

農家の面影を残した店内。

椅子の席もございます。

ぎゃらりーkoushichi

ぎゃらりーkoushichiは、展示のない場合は休憩にもお使いいただけます。

開催状況は幸七Blogをご覧ください。

ぎゃらりーkoushichiは、貸しギャラリーとして幸七ならではのサービスが好評です。作家の皆様のご利用をお待ちしています。お気軽にお問い合わせください。

おんじゅくの里山 布施村街道のご紹介

手打そば幸七のお店のある南房総おんじゅくの里山は、かつて「布施村」という名前でした。

私達の住む地域をご紹介します。

 

ダウンロード
布施村街道MAP15.pdf
PDFファイル 16.1 MB