幸七の冬支度

ここ数日めっきり冬めいて来ました。日本付近は冬型の気圧配置が続いていて27日(土)には木枯らし1号が吹く予報が出ています。11月7日(日)に囲炉裏を、そして25日(木)には薪ストーブに火を付けました。これから、新型コロナの第6波に備え、換気しつつ暖房の為に活躍してもらいます。

今日から「ふせもり」始めます。

今年の「ふせもり」始めます。幸七の畑で自家栽培、店内の石臼で自家製粉の「新そば」です。8月の台風の大雨被害を受けて種を蒔き直し、その後はなんとか無事生育、「そばかりたい」の皆様の協力も感謝いたします。そして135キロの収量がありました。提供は来年の3月中旬頃までの予定です。南房総の御宿でも美味しいお蕎麦が出来ました。仄かな香りと色、甘味と喉越しをお楽しみ下さい。

<新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をしての営業しております。>

布施のソバは135㎏の収穫がありました。

今年の布施ソバは8月6日「壱の畑」、7日「弐の畑」「参の畑」の種まきをしましたが、8日の台風10号の影響で無事に芽が出たのは「弐の畑」のみで他の畑は台風の大雨により発芽せず、「壱の畑」「参の畑」は8月22日に種の蒔き直しをしました。その後はなんとか無事に生育、135㎏を収穫できました。幸七の自家栽培、自家製粉の「ふせもり」の新そば、は11月20日(土)頃には供することが出来そうです。

 

ブカミカンのお裾分け

立冬を過ぎて、御宿の里山にある幸七の周りの野山も遅ればせながら秋の装いに、今年も近所からブカミカンをいただきました。温州みかんとは違いますが「昔はミカンといえばブカミカンでした。」とお客様の感想、限りが有りますが一人に一個お裾分けしています。食後に懐かしい味をお楽しみ下さい。

立冬の日に炭火を入れました。

11月7日立冬の日に、今季初めて囲炉裏に炭火を入れました。

このところ朝晩はめっきり肌寒くなりまさに冬の始まりです。

また、立冬に旬な食べ物は「新そば」です。夏に種を蒔き太陽をいっぱいに浴びて育ち秋に収穫、お店のそばは全て新そばです。緑かかった色や、香り、風味そして喉越しをお楽しみください。

幸七の自家栽培、自家製粉の新そば「ふせもり」は11月中旬過ぎ頃より品書きにお出しできる予定です。

 

 

 

幸七Blog 手打そば幸七からのお知らせです。